母乳不足を解消する|体内環境を整えよう!

女性

悩みすぎない事は大切

母乳の出は個人差がある

微笑む婦人

赤ちゃんが産まれてすぐから始まるのが授乳です。多くの方が母乳で育てたいと思っています。しかし、赤ちゃんが産まれたからといって、すぐに母乳がいっぱい出てくるわけではありません。母乳は赤ちゃんに何度も何度も吸われることによって出てくるようになります。しかし、赤ちゃんが何度も何度も吸っても思うように赤ちゃんの空腹を満たす程の量が出せない方もいます。人それぞれ性格が違うように個人差があります。母乳不足を感じる時は、まずは食生活の見直しと慣れない育児で貯まったストレスを発散することです。そして、足りない栄養はサプリメントで補充してあげることも大切です。特に葉酸のサプリメントはおすすめです。葉酸で母乳不足が改善されることがあるので、飲んでみて損はありません。

ストレスの影響は大きい

母乳不足かもしれないと感じたら、食生活の見直しがとても大切です。毎日、油っぽいものばかりだと、母乳も油っぽい感じになってしまい出がわるくなります。また、母乳不足はストレスの影響も受けます。母乳をしっかり出さなければならないと強く思うとストレスになるので、思いすぎるのも気をつけなければいけません。また赤ちゃんに母乳をあげていると、多くの栄養が赤ちゃんに行くので栄養が足りなくなることがあります。その場合は無理して食べずにサプリメントで補給してあげることも大切です。全てをサプリメントに頼るのはやりすぎですが、食べ物ばかりに気をとられるようになる前に程よく手を抜くことも必要です。母乳にはたくさんの良い面がありますが、あまり気を張らずにミルクでも十分元気に育つので無理な時はミルクに頼っても大丈夫なことを覚えておく必要があります。